夢のある 夢をはぐくむ共生社会を目指して
NPO法人きららの木は、奈良市を拠点に障がい児者支援施設を運営しています。

NPO法人きららの木

たのしい (児童発達支援 放課後デイサービス)

たのしい (児童発達支援 放課後デイサービス)

☆令和元年度 第1回おやこ通園☆

心配していた雨もやみ、令和元年第1回おやこ通園を行いました。

おうちの人と一緒に手をつないでたのしいにきた子ど子たち♪

いつもと違うなあ~と感じながらも自分で荷物の整理をしていきます。

そして奥田副理事長のあいさつがありました。

「児童発達支援は一番最初!スタートの大切な時期です。普段、自宅ではなかなか見れない子どもたちの様子を見て頂き、成長した姿を喜んでいただきたいと思います。そして、今日も一日笑顔で一緒に楽しみましょう。」などのお話がありました。

はじまりの会では、みんなの前で堂々と名前が言うことができたり、先生の手にタッチできたりと子どもたちの成長を見ていただく事ができました。 

 

                        

 

     

  

そしてみんなで体を動かしたあと、「親子でシャーベット作り」をしました。

エプロン・三角巾・マスクをして、先生の説明を真剣に聞く子どもたち。

 

     

 

最初にりんごかみかんジュースを選んで袋に入れます。そして氷と塩が入った袋に入れてタオルで巻いたら準備完了! 親子で跳んだり跳ねたりしながら振り続けま~す・・・がんばれ~がんばれ~!

なかには大事そうに笑顔で抱えている子どももいました(笑)・・・3分間は長い~!

 

                 

そしてそ~っと袋を空けて覗いてみると・・・「できてる~できてる~♪シャーベットの完成!」 

「つめた~い」や「あれ?少ししょっぱい?」(・.・;)

お皿に入れるとき、氷にかけた塩が入ってしまったとこも・・・

そんなハプニングもありましたが、たのしいシャーベット作りになりました。

 

   

 その後はお父さんお母さんたちのお話会が開催されました。就学のこと、兄弟ケンカのこと、友だちとの関わり方など・・・様々な悩みに先輩お母さんからのアドバイスがあったり、「うちもそうなんです」と共感できたり、あっという間に時間が過ぎてしまいました。

そして最後には、江川理事長からお母さん、お父さんたちへメッセージ。

「私は皆さんといっしょの保護者です。気持ちは一番分かるつもりです。悩んだり困ったりした時に、気持ちに寄り添うことができる職員ばかりです!お母さん安心してね。何かあれば、いつでも相談してくださいね。」とお伝えしました。

 

      

そして理事長が部屋から出られてすぐ「ぎゃ~」という叫び声が!!!

玄関にトカゲが~~~!!!(ちっちゃいトカゲ。笑)

「花にも命、トカゲにも命がある・・・」と命の尊さを熱く訴えられた理事長でした!

皆さん、笑顔に包まれる中、お話会は終了となりました(*^_^*)

  

      

最後は保護者の方と子どもたちが揃い、パネルシアター「とんでったバナナ」を見ました。

いつもと違う雰囲気の中でも、一生懸命頑張った子どもたち♡たくさん褒めてあげてくださいね。

今年度も子どもたちだけでなく、保護者の皆さんが繋がれる場所を作って行きます。

これからも宜しくお願いします。皆様ご参加ありがとうございました。 

<< 前のページへ

ライブラリー

ライブラリー

▲ページトップへ