夢のある 夢をはぐくむ共生社会を目指して
NPO法人きららの木は、奈良市を拠点に障がい児者支援施設を運営しています。

NPO法人きららの木

きららコミュニケーションズ

きららコミュニケーションズ

第2回NPO法人きららの木 リレー講座

 

「華で厳る」と題しました第2回きららの木リレー講座には

東大寺の僧侶でいらっしゃる「上司永照師」にご講話いただきました。

 

 

きららの木としては、生駒市で初めて開所させていただくことになった『生活介護事業所 華で厳る(はなでかざる)』

 

 

・私たちに与えられた使命とはなにか

・「華厳の教え」とはなにか

・生駒市で事業所を開所するということはなにか  など

「華で厳る」への想いを膨らませながら、職員一同心を輝かせながらお話しを聞かせていただきました。

 

奈良に都があった時代のお話しから、東大寺の建立について、東大寺を建立するに至る聖武天皇の想い。また、心が強く実行力があったとされる光明皇后が成されたこと等からたくさんの「教え」をいただくこととなりました。

「命を代わることはできない」「その人はその人である」全てをお伝えすることができず本当に残念でなりませんが「融通無碍」「風雨順時」といった言葉も

胸に残ります。

 

師はお話しが終わった後に次のようにおっしゃられました。

「今日は投げ掛けただけです。どう受けて、どう感じて、どう考えるのは、

 聞いていただいた方にお任せします」と。

 

 

最後に、「華で厳る」という意味は

「人も動植物も花もこの世に生きとし生けるものは全て、華である」

と、お教えくださいました。

 NPO法人きららの木のご利用者さまや子どもたち、ご家族の皆さま、応援してくださる皆さま、きららの木を飾ってくれる草花、

花粉を運んでくれる虫たちも全てがきららの木の「華」です。

 

これからも、たくさんの「華」できららの木を飾っていただけるよう、日々感謝を忘れず歩んで参ります。

 

第3回も開催を予定しております。お楽しみに~♪

<< 前のページへ

▲ページトップへ