夢のある 夢をはぐくむ共生社会を目指して
NPO法人きららの木は、奈良市を拠点に障がい児者支援施設を運営しています。

NPO法人きららの木

きららコミュニケーションズ

きららコミュニケーションズ

NPO法人きららの木「職員全体研修」および「新人職員研修」を実施しました!

 

奥田副理事長の挨拶では、

~一人ひとりを人として大切に~というNPO法人きららの木の

理念があります。定政さんは、以前から様々な場所で講演会活動をしていると聞いていたので「法人でも講演会をする」ということを話し合ってきました。今回は、定政さんから「きららの木で話したい」と言われこの場を設けることができました。

当たり前に、同じ人権を持つ一人の人間として、特別な存在では

決してありません。当たり前のことについて、一人の職員の人生を

通して学びたいと考えています。とありました。

 

 

LGBTの基礎についてや、マジョリティ・マイノリティの捉え方等の話があり、1時間という短い時間ではありましたが、今までの人生を振り返りながら「今は、生きていて幸せだと感じる」「皆さんと共に幸せな人生を生きていきたい」とまとめました。

職員からは「人としての在り方を再確認することができた」「これからの課題を考えるきっかけとなった」「性的マイノリティの基礎について振り返ることができた」といった感想が聞かれました。

 

 

 

そして、全体研修から新人職員研修へと会場は様変わりし、講師は理事長江川が務めました。

 

「あなたがいるからわたしはうれしい」

人と出会える「ご縁」をとても大切にしている。

人と関わることへの深みを持って欲しいとありました。

制服について、挨拶、言葉遣い等の社会人としての心得と共に、メンタルヘルスケア等についての研修を行いました。

 職員のスキルアップとは、技術の向上だけが全てではありません。

社会福祉から捉える価値観、違いや多様性を認めつつ個人を尊重し合い、丁寧な支援を心がけることが大切です。

学んだことを活かし、今から!すぐ!実践!です。

 

 



<< 前のページへ

ライブラリー

ライブラリー

▲ページトップへ